好音质 用酷我

00:00

已添加至播放列表

好音质 用酷我

播放列表({{model.playList.length}})

鬼束ちひろ

  • 娱乐
  • 歌曲
  • 专辑
  • MV
  • 图片

基本信息

姓名: 鬼束ちひろ 性别: 女
别名: 暂无 国籍: 日本
语言: 日语; 出生地: 日本宫崎县南那珂郡南乡町
生日: 1980-10-13 星座: 天秤座
身高: 154cm 体重:

个人简介

小档案 
 
鬼束 ちひろ(おにつか ちひろ、1980年10月30日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名同じ。宮崎県南那珂郡南郷町出身。宮崎県立日南高等学校卒業。身長152cm。血液型O型。所属レコードレーベルはUNIVERSAL SIGMA A&M RECORDS、所属事務所はNAPOLEON RECORDS 烏龍舎(共同マネジメント)。 
 
小简介 
 
鬼束ちひろ : 
英文名:Chihiro Onitsuka 
别名:ちーちゃん、鬼 
出生日:1980年10月30日 
出生地:宫崎県南那珂郡南郷町 
学历: 宫崎県立日南高等学校 
星 座:天蝎座 
血 型:O型 
身 高:154 cm 
喜欢的饮料:可乐 
座右铭:愈挫愈奋 再接再厉 
最喜欢的一句话:疾风怒涛 
喜欢的服装品牌:Milkfed 
家庭成员:父 母 弟 妹,自身是长女 
事务所: 
MELODY STAR RECORDS(2000年 - 2004年) 
Sony Music Artists(2004年 - 2005年) 
NAPOLEON RECORDS 乌龙舎(2007年 - ) 
鬼束千寻(Onitsuka Chihiro)是于2000年2月份才初出道的创作歌手.虽然仅仅发行三张单曲,但是词曲意境充满着慈悲心与包容力,摆脱了个人而走入人间.鬼束千寻的音乐创作取向非常宽广.第一张单曲シャイン则偏向现今日本乐坛流行的Rhythm & Blues 节奏蓝调音乐. 
鬼束千寻自幼受其双亲影响,在西洋音乐的伴随下成长,而个人主观的音乐意识则是在中学时期逐渐形成.到了高中时代更是受了Jewel Kilcher(珠儿)心灵音乐的冲击而确定了未来音乐的方向与定位.鬼束千寻在高中毕业之前,参加日本维京音乐(Virgin Tokyo)举办的第三次公开试唱会中脱颖而出.荣获最高的评价(Grand Prix得奖人).因此.1999年高中毕业之后.随即赴东京开创个人音乐创作生涯.根据鬼束千寻的口述.是在高中二年级时,1997就是年Jewel Kilcher(珠儿)日本巡回演唱会时,受其音乐影响而开启个人的音乐人生.就连目前个人首张专辑insomnia(失眠)也希望与1995年 Jewel Kilcher(珠儿)首张专辑Pieces Of You (破碎的你)看齐,追求灵魂得以慰藉的声音. 
鬼束千寻(Onitsuka Chihiro)至今发行的所有作品皆这她个人所创作.除了丰富的音乐性之外.歌词意境更是神秘诡异.以第二张单曲 月光这例:她不断地引用批判的观点来强调:I am God`s child . 这个已陷于腐败的世界中 . How Do I Live On Such a Field? . I Can`t Hang Out This World .句句都代表着对于现实世界的完全否定,强烈的歌词宣泄着对于周遭世界的不满.希望借由逃避来暗示对于世间的无奈.寻求自身的存在感.鬼束千寻的歌总是阴暗面胜过光明面.但是阴暗与光明并非相对,而是希望借由阴暗面来引喻出欲追求的神圣与抽象中的幸福. 
鬼束千寻的音乐受其成长过程所影响,她所喜好的哲学观,诗词感受充分表现在个人的音乐创作中. 鬼束千寻自嘲自己是个笨拙的人,在求学过程中总觉得学校生活就象是牢笼.令她窒息.渴望寻求一个不存在的虚拟形象来摆脱现实生活,也因此在歌词中常使用 God . 神样 这自己寻求解脱.鬼束千寻的爱情观是喜欢正直,诚实的男孩,认为男孩子流泪是性情的自然表露,刻意逞强反面令她厌恶. 
她之所以受到各界讨论的原因,在于那神秘形象与别人无法取代的创作风格.个性稍沉默寡言的她, 从不迎合毫无兴趣的事物,但对于自己感兴趣的事永远全力以赴.她的音乐来自内心浅藏的本能,那毫无算计过的曲风,令人深深感动难以忘怀,尤其她总是能建构出诗人一般的词境,拥有贯穿任何世代的魔力,却又充满慈悲的包容力,于是在日本乐团建立起独一无二的鲜明形象. 
 
 
家族構成は、父 母 弟 妹の5人家族であり、自身は長女である。 
 
幼少から、両親の影響で(特に母親の影響が強い)洋楽に触れる。小学2年生の時に友達に誘われてエレクトーンを習い始め、中学3年生の時まで習い続ける。小学生の頃より部活で陸上を始める。中学時代は陸上部のキャプテンを務め、短距離400mリレー走選手として九州大会にも出場歴がある。 
 
音楽に興味を持ったのは中学時代に母親にカーペンターズのベストアルバムを聴くよう勧められてから。以降は外国人女性シンガーソングライターの楽曲を中心に洋楽を主に聴いていた。好きなアーティストとして公言しているのは、ジュエル、アラニス モリセット、シェリル クロウ、アマンダ マーシャル、メリッサ エスリッジ、ジョニ ミッチェル、ポーラ コール、キャロル キング、インキュバス、レネ マーリン、ステレオフォニックス、グー グー ドールズ、ボン ジョヴィ、サイモン&ガーファンクル、トーリ エイモス、Wink、岡村靖幸、THE BACK HORNなど。 
 
高校2年生の時にジュエルのアルバム『心のかけら』によってその音楽と存在に衝撃を受ける(後に自身はライブやテレビでジュエルの楽曲「Foolish Games」「You Were Meant For Me」をカバーしている)。その瞬間から、シンガーソングライターを志す。17歳のときに、文化祭でエイズに関する劇をやった事に感化され、初めての楽曲「call」を作る。以降デビュー決定後までは全て英語詞で楽曲を作る。当時作った「call」や「edge」などの曲は日本語詞で、「NOT YOUR GOD」は英語詞のままで、それぞれデビュー後にCDに収録される。 
 
高校3年生に進級してすぐ、オーディション雑誌『De-view』(オリコン エンタテインメント刊)を読み、当時のマネジメント会社のMELODY STAR RECORDSが主催の「Virgin ARTIST AUDITION」のオーディションを受ける。そこで「call」を披露、才能を評価され、グランプリを受賞。学校の閉塞感や同調を強制させるシステムにもともと嫌悪感を抱いていた事や、歌手志望のために大学受験をする気がなかった事等から、高校3年生の頃は学校へはほとんど行かなかったという。卒業後の1999年3月に上京し、作曲活動に入る。デビューするまでの期間に多くの作品が生み出される。「We can go」、「シャイン」、「月光」、「シャドウ」などはその当時に作られた。以降の主だった活動は略歴に記載。 
 
ライブの際にしばしばマリア像をステージの隅に置く。これは自分の中の守護神のようなものを表しているとし、自分の歌っている姿を見守っていて欲しいからであると語っている。シングル『everyhome』以降の作品のブックレットにおいても「thanks for God.」と書いている。 
 
好きなものは、小説はアントワーヌ ド サン=テグジュペリの『星の王子さま』。漫画は古谷実の『行け!稲中卓球部』や岡田あーみんの『こいつら100%伝説』、井上雄彦の『SLAM DUNK』など。映画は『アメリカン ビューティー』や『ギルバート グレイプ』、『バトル ロワイアル』、『溺れる魚』など。また、『もんしぇん』、『ぐるりのこと。』[11]では作品に対する賞賛のコメントを寄せている。服飾はMILK FED(ソフィア コッポラによるデザインのブランド)の洋服やヴィヴィアン ウエストウッドのブーツなど。食べ物はマクドナルドやコーラ、キャベツ太郎、梅干、チョコレート。コーラは常時ステージドリンクとしているほどで、梅干に関しては「白いご飯と梅干さえあれば大丈夫」とまで発言するほどの大好物。キャラクターグッズも好きで、中でもディズニー映画『ピーター パン』に登場するティンカー ベルグッズがお気に入り。自身で「おたま」(オタマジャクシがモチーフ)の縫いぐるみ[7]や十字架などのビーズアクセサリーを作成する事もある。お笑い好きでもあり、好きな芸人はシャカ、田上よしえ、ルート33など。特にシャカはお気に入りで、出演した番組中でも「色々浮気をするけれど結局シャカに帰ってくる」と話しており、どちらかと言えば大熊啓誉(ボケ担当)の方が好きであるという。好きな詩人には銀色夏生を挙げており、中学時代からのファンであり「モロに影響を受けた詞も書いていた」と後の対談でも語っている。好きな四字熟語に「疾風怒濤」を、単語に「虎」を挙げ、モットーに「(良い意味でも悪い意味でも)やられたらやり返す」を挙げている。 
 
プライベートでは、お笑いコンビのシャカを誕生日パーティーに招待するなど社交的な面がある(但し環境が変わってから今でも交流が続けられているのかは不明である)。本人曰く休みの日は「家でゴロゴロしたり一人で買い物したり」するという[17]。昼夜逆転の生活を送っており、楽曲制作は専ら夜中(2 3時頃)に行っているという。アルバイト経験がなく、「箱入り娘だから、親が許してくれない」と言う旨を明かしている。一度やってみたいアルバイトにアンナミラーズのウェイトレスを挙げている。理由は「セクシーな制服で男性客を悩殺したい」とのこと。 
 
自身を「人見知りしない性格」だと語っている[14]。また所謂「熱しやすく冷めやすいタイプ」である(例えば茶そばを3日間連続で食べ続けて飽きるなどのエピソードを語っている)。 
 
サインは、以前はドクロのイラストマークの下に「CHIHIRO」という文字をもってサインとしていた。ドクロマークは普通のドクロの他、『ME AND MY DEVIL』リリースの際にはドクロに角が2本としっぽが生えた「デビルドクロ」、『Beautiful Fighter』リリースの際にはドクロに毛が1本生えた「波平ドクロ」が存在していた。現在は筆記体で「Chihiro」(Cの部分が鬼をイメージしたイラストマークとなっている)と書かれたものをサインとしている。 
 
大事件 
 
1999年  
3月 宮崎より上京。  
10月 シングル『シャイン』のレコーディングに入る。  
2000年  
2月9日 シングル『シャイン』で東芝EMI Virgin TOKYOよりデビュー。  
2月10日 フジテレビ系『めざましテレビ』でTSUTAYA渋谷店インストアライブの模様が放送され、テレビ初登場。  
8月9日 2枚目のシングル『月光』発売。テレビ朝日系ドラマ『TRICK』の主題歌になり、ロングヒット。約60万枚のセールスを記録する。  
9月8日 監督を手掛けた堤幸彦の依頼により、ドラマ『TRICK』最終話エンディングのシーンに出演し、主題歌「月光」を歌唱する。  
2001年  
2月16日 テレビ朝日系『ミュージックステーション』出演の際、ハムスターをベランダで凍死させてしまったというエピソードを語ったところ、ネット上を中心にトークの内容と言動に非難が殺到。放送翌週の2月23日に当時の所属事務所であるMELODY STAR RECORDSよりトークに関する声明文が発表される事態にまで発展する。  
3月7日 初のアルバム『インソムニア』発売。約150万枚のセールスとなるミリオンセラーを記録する。同日、ニッポン放送『鬼束ちひろのオールナイトニッポンR』で初の単独パーソナリティーを務める。  
4月10日 初のライブツアー『CHIHIRO ONITSUKA LIVE TOUR 2001』をBIG CATの公演で開始。後にWOWOWでライブの模様が放送される他、一部はDVD『CRADLE ON MY NOISE L.I.V.E LIVE INSOMNIA VIDEO EDITION』にも収録される。  
9月11日 アメリカ同時多発テロ事件が発生。4日前の9月7日に5枚目のシングル『infection/LITTLE BEAT RIFLE』が発売されたばかりであったが、「infection」の歌詞の内容に事件を予見していたかのようなフレーズがあるということから、事件から2日後の9月13日に東芝EMIより楽曲のプロモーションを自粛するという声明文が発表される。プロモーション活動は約1ヶ月半自粛され、プロモーションビデオも放送されず、代わりに両A面となっていた「LITTLE BEAT RIFLE」で同作品のプロモーション活動を行うこととなる。  
9月21日 NHK『トップランナー』に出演。番組内で初めてジュエルの楽曲「Foolish Game」をピアノ弾き語りでカバー。  
12月 台湾の歌手である劉虹嬅のアルバム『好好愛我』収録曲の「月光」を書き下ろしで提供する(自身の代表曲である「月光」とは無関係)。他アーティストへの楽曲提供は初。日本のファンからは「台湾月光」として話題となる。  
12月31日 4枚目のシングル『眩暈/edge』で日本レコード大賞作詩賞を受賞する。  
2002年  
2月2日 「螺旋」が挿入歌として使用されたリュック ベッソン監督、ジャン レノ主演の映画『WASABI』公開。  
2月9日 友人のバイクに同乗していた際、バイクが自動車と接触して横転、軽傷を負う。  
3月13日 アルバム『インソムニア』が日本ゴールドディスク大賞ロック アルバム オブ ザ イヤーを受賞。同日、ニッポン放送『鬼束ちひろのオールナイトニッポンR』が放送される。  
3月25日 2度目のライブツアー『CHIHIRO ONITSUKA 'LIVE VIBE' 2002』を渋谷公会堂の公演で開始。4月初頭、過労による急性腸炎を発症し、大阪と仙台の2公演を延期し、ツアー終了後は休養を挿む。  
11月5日 日本武道館ライブ『CHIHIRO ONITSUKA ULTIMATE CRASH '02』で活動を再開する。  
11月30日 テレビCF初出演となるKENWOOD企業CM「心ヲ揺サブルモノ 心ヲ満タスモノ」編が放送開始。  
2003年  
1月3日 NHK総合にて初のドキュメンタリー番組『ARTIST DOCUMENT 神が舞い降りる瞬間 鬼束ちひろ22歳の素顔』が放送される。  
3月10日 オフィシャルサイトの登録メンバーを対象に抽選で招待となったライブ『SPECIAL LIVE presented by VISA International』を行う。招待制ライブは自身初。後にテレビ朝日でもライブの模様が放送される。  
5月23日 フジテレビ系『笑っていいとも』に出演。テレビ朝日系『ミュージックステーション』にも出演し、同日に2つの生放送番組に出演する。  
8月5日 朝日放送の企画『SOUND RENAISSANCE』と連動して、クラシック音楽家歌手以外では史上初めて、大阪のザ シンフォニーホールにて、ライブ『UNPLUGGED SHOW '03』を行う。8月29日には東京サントリーホールで同公演を行う。  
9月10日 声帯結節手術に伴う休養のため、年内の活動を休止すると発表する。10月に予定されていたイベントライブも中止となる。  
10月29日 山口百恵の往年のヒット曲「いい日旅立ち」をカバーした9枚目のシングル『いい日旅立ち西へ』発売。作詞作曲者の谷村新司が詞をリメイクしている。谷村のラブコールにより実現したもので、引退した山口百恵(現姓三浦)も太鼓判を押したという。JR西日本のイメージソングとしてCM等で放送される。  
11月26日 10枚目のシングル『私とワルツを』を発売。東芝EMI時代最後のオリジナル作品となる。  
2004年  
3月17日 これまでにリリースされた全10枚のシングルをボックスセットにした『シングルBOX』を初回限定生産で発売。当初はオリジナルアルバムとDVDをリリース予定だったが急遽発売中止となり、差し替えられて本人の関与なしで発売される。  
4月3日 MELODY STAR RECORDSとのマネジメント契約終了。1ヶ月遅れの5月29日にMELODY STAR RECORDSのサイト上で正式発表。  
6月18日 所属事務所をSony Music Artistsに移籍。サイト上でファンに向けてのコメントを発表。  
7月23日 所属レコード会社をユニバーサルミュージックに移籍。同時にレーベルをユニバーサル傘下のA&M RECORDSに移籍、同レーベル所属アーティストの第1号となる。  
9月20日 日比谷野外大音楽堂での、スペースシャワーTV主催の音楽祭『SWEET LOVE SHOWER 2004』に、シークレットゲストとして登場。ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」とアラニス モリセットの「King of Pain」(オリジナルはポリス。ライブアルバム『Alanis Unplugged』収録のカバー)をカバー、新曲「育つ雑草」を披露。ファッションも、黒髪 ミニスカート 赤いブーツ 派手なメイクとロック色を強め、裸足 ナチュラル等といった今までの路線を一変させる。  
10月27日 移籍第1弾シングル『育つ雑草』発売。また、体調不良による年内の休養を発表。予定していたテレビ出演雑誌インタビュー等も全てキャンセルする。  
12月1日 ベストアルバム『the ultimate collection』DVD『the complete clips』を同時発売。  
2005年  
1月31日 Sony Music Artistsとのマネジメント契約をわずか9ヶ月で終了。事実上の活動休止となる。  
7月26日 本人が住むマンションに花束を持ち30分近くインターホンを鳴らし続ける男が現れ、警視庁渋谷署に住居侵入罪(ストーカー規制法違反)容疑で逮捕されるという事件が発生する。  
2006年  
9月10日 映画『もんしぇん』の公開中、上映館(上野国立博物館内映画館『一角座』)において、玉井夕海のユニットPsalmとともにゲストライブに出演し、2004年の『SWEET LOVE SHOWER 2004』以来久々に公の場に姿を現す。映画について「音楽も映像も美しい。そんな美意識の高い映画は滅多にないと思います」というコメントを寄せる。  
9月26日 『週刊女性自身』に関係者によるコメントが掲載される。  
2007年  
2月20日 『ROCKIN'ON JAPAN』2007年3月号(ロッキング オン社)誌上において、「鬼束ちひろ、シーンに帰ってくる」という見出しの記事が掲載される。翌日の2月21日にはスポーツ報知紙上でも復帰の内容が報道される。  
3月17日 小林武史主催のap bankのイベント『AP BANG! 東京環境会議 vol.1』にてライブを行う。ピアノとチェロの構成で「月光」と「MAGICAL WORLD」「everyhome」を歌唱する。3月18日付の日刊スポーツ紙上でその旨が報道された他、ファンに対し「待っていてくれたファンの方にはありがとう。これからもいい曲を作って歌い続けていきます」とのコメントが掲載される。  
4月1日 個人事務所であるNAPOLEON RECORDSを設立。  
5月12日 新オフィシャルサイト開設。  
5月16日 『Welcome to everyhome -鬼束ちひろ プレゼンテーション試聴会-』なるものが行われ、関係者を招待し「everyhome」を披露する。  
5月30日 復帰シングル『everyhome』を発売。  
6月1日 テレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演し、およそ4年振りにテレビ番組に登場する。フジテレビ系『僕らの音楽』でも特集が組まれ、小林武史との対談とスタジオライブが放送される。  
10月31日 3枚目のオリジナルアルバム『Sugar High』から実に4年10ヶ月振りの発表となる、4枚目のオリジナルアルバム『LAS VEGAS』を発売。  
11月5日 ニッポン放送『鬼束ちひろのオールナイトニッポン』が放送される。オールナイトニッポン枠でパーソナリティを務めるのは2002年3月の『鬼束ちひろのオールナイトニッポンR』以来。  
2008年  
4月26日 単独公演としては2003年の『UNPLUGGED SHOW '03』以来4年8ヶ月振りに、渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて、1夜限りのプレミアムコンサート『CHIHIRO ONITSUKA CONCERT NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS』を行い、新曲「SUNNY ROSE」や「蛍」等を披露する。  
8月6日 坂本昌之プロデュースの下、8月公開の映画『ラストゲーム 最後の早慶戦』(神山征二郎監督、シネカノン配給)の主題歌に決定している14枚目のシングル『蛍』(7月9日よりiTunes Store他で先行配信)と、ライブDVD『NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS』を同時発売。  
9月26日、『CHIHIRO ONITSUKA CONCERT TOUR 2008 "VEGAS CODE"』の全5公演が、極度の疲労による体調不良のため中止になったことが、所属事務所より発表される。

相似歌手

酷我音乐多端下载

iPhone
PC
Android

下载歌曲需要使用酷我音乐客户端操作